イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究:イラン・サファヴィー朝祖廟を事例として

期間 2018-2020年度
研究代表者 渡部 良子(東京大学)
AA研所員 近藤 信彰,髙松 洋一
共同研究員 阿部 尚史,小野 浩,後藤 裕加子,杉山 隆一,杉山 雅樹,高木 小苗,守川 知子,矢島 洋一

西アジア・中央アジアのムスリム社会において,聖者廟は宗教的,時に政治的な影響力を行使し,大きな富を蓄積して、社会・文化・経済の中心としての重要な役割を担った。聖者廟の活動を支えた財政基盤は,どのように形成・運営されたのか。本研究課題は、近世イランのシーア派王朝サファヴィー朝(1501−1736)の祖廟として発展したサファヴィー教団聖者廟の財産管理を,寄進地記録Sarih al-Milkの総合的な研究を通し明らかにする。寄進地記録に収録された多数の法・財務関連文書・帳簿の種類・機能・形式とその時代的変遷に焦点を当て,他地域の聖者廟・宗教施設の財産管理史料との比較も通して,聖者廟の財産維持管理を支えた前近代イスラーム社会の政治・法・経済制度の発展・変容の諸相を明らかにすることを目指す。

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600