共同研究「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究(第三期)」第6回研究会

日時 2019年2月11日(月) 13:30–18:30
場所 AA研 マルチメディアセミナー室 (306)
使用言語 日本語
野田 仁(AA研所員)
「中国新疆における移動の歴史と現状」
森 正美(AA研共同研究員,京都文教大)
「バンサモロ基本法とフィリピン南部の今後―マラナオ社会からの視点を中心に」
床呂 郁哉(AA研所員)
「周辺国から見たミンダナオ紛争-マレーシア、インドネシアとの関連で(仮題)」
 

共同研究「イスラーム聖者廟の財産管理に関する史料学的研究:イラン・サファヴィー朝祖廟を事例として」第3回研究会

日時 2019年2月9日(土)13:30–18:00【公開】
場所 AA研セミナー室(301)
使用言語 日本語
参加費無料、事前申し込み不要
「イスラーム聖者廟の財産管理とその史料:サファヴィー朝祖廟サフィー廟寄進地記録が語るもの」
13:30–14:00 渡部 良子(AA研共同研究員,東京大学)
趣旨説明,「イスラーム社会史史料としてのサフィー廟寄進地記録の重要性の再検討:アブディー・ベク編 Sarih al-Milk 2写本(17世紀〜18世紀初)に注目して」
14:00–14:35 後藤 裕加子(AA研共同研究員,関西学院大学)
「サファヴィー朝前期の文人官僚 アブディー・ベクとその著作」
14:35–15:10 小野 浩(AA研共同研究員,京都橘大学)
「サファヴィー家に関わる君主勅令」
15:20–15:55 高木 小苗(AA研共同研究員,早稲田大学)
「14世紀アルダビール地方の一村落の変遷:Sarih al-Milkと関連文書の比較検討を通して」
15:55–16:30 阿部 尚史(AA研共同研究員,お茶の水女子大学)
「19世紀のSarih al-Milk」
16:40–17:10 コメント:高松 洋一(AA研所員)
17:10–18:00 総合討論

日時 2019年2月10日(日)11:00–16:30 【非公開】
場所 AA研マルチメディア会議室(304)
‘Abdi Beg版Sarih al-Millkデータ化作業
11:00–11:30 渡部 良子(AA研共同研究員,東京大学)
「報告:‘Abdi Beg版Sarih al-Millkデータ化作業の課題」
11:30–12:30 討論
13:30–16:00 サファヴィー朝期Sarih al-Milk2作品(‘Abdi Beg版,Sipahani版)の研究
16:00–16:30 打ち合わせ,第2年次の計画

Lecture Meeting: Post-Civil War Reconciliations and Challenges in Lebanon

詳細は,こちらをご覧ください。

日時 2019年2月9日(土) 15:00–17:00
場所 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階マルチメディアセミナー室(306)
東京都府中市朝日町3-11-1 Access Guide
使用言語 英語
共催 - 科研費・基盤研究(B)「シリア内戦の比較研究―レバノン・旧ユーゴスラビアの内戦と戦後和解」(研究代表者:黒木英充)
- 基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」
参加費無料、事前申し込み不要
問い合わせ先:黒木 英充 (kuroki[at]aa.tufs.ac.jp) ※[at]を@に変更して送信ください。
Lecture by Dima de Clerck (Saint Joseph University, Beirut)
“War exit and government sponsored resettlement and reconciliations in post-war Lebanon”
Discussant : Housam Darwisheh (Institute of Developing Economies, JETRO)
Chair : Hidemitsu Kuroki (ILCAA, Tokyo University of Foreign Studies)
<Profile of the Lecturer>
Dr. Dima de Clerck is a fellow researcher at the Institut français du Proche-Orient (IFPO) specializing in Middle Eastern studies, a lecturer in History at the American University of Beirut (AUB) and at the Saint Joseph University (USJ) in Lebanon. She holds a PhD in History from the Université Paris 1 Panthéon-Sorbonne where she occasionally gives lectures, an MA from the Institut des langues et civilisations orientales (INALCO, Paris) in Middle Eastern Studies. She is the coeditor of a book: 1860: History and Memory of a Conflict and the author of several published and forthcoming articles.
<Profile of the Discussant>
Dr. Housam Darwisheh is a researcher at Institute of Developing Economies, JETRO, Japan, specializing in Middle East politics. His publications include “Ruling against Revolution: The Judiciary and the Restoration of Authoritarianism in Egypt,” IDE Middle East Review 5, 2018; “Violent Extremism in the Middle East and North Africa, Revisiting Conditions and Rethinking Solutions,” IDE Middle East Review 4, 2016; “Deciphering Syria’s Power Dynamics and Protracted Conflict,” in The Middle East Turmoil and Japanese Response, ed. Hitoshi Suzuki (Chiba: IDE, 2013).

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600