国際シンポジウム “アフガニスタン近代史再考–ラットレーの石版画展によせて”

日時 2007年11月10日(土) 14:00-18:00
場所 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研) 大会議室(303)
主催 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所
中東イスラーム研究教育プロジェクト
アフガニスタン文字文化財復興支援室

展示「鮮麗なる阿富汗一八四八」を記念し、国際シンポジウムを開催しました。ラットレーの作品の背景となった19世紀から20世紀初頭のアフガニスタン関する興味深いものです。特に、今回お招きしたマクチェスニー教授は中央アジア史・アフガニスタン史の第一人者でニューヨーク大学のアフガニスタン・デジタルライブラリーの館長でもいらっしゃいます。

Program
14:00-14:10 挨拶:大塚 和夫(AA研)
14:10-14:40 近藤 信彰 (AA研)「ラットレーの作品とその意義」
14:40-15:40 小牧 昌平 (上智大学)
「ヘラートのヤール・モハンマド・ハーンについて--その人物像」
15:40-16:00 休憩
16:00-17:00 ロバート・D・マクチェスニー (ニューヨーク大学)
Robert D. McChesney, New York University
17:00-17:30 コメント:山根 聡(大阪大学)
17:30 閉会の言葉:宮崎 恒二(東京外国語大学)
18:00- 懇親会 (於:大学生協特別食堂)

※それぞれの発表後に、質疑応答あり。
※日英同時通訳つき

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600