中東イスラーム研究拠点研究会「アリー・シール・ナヴァーイーとチャガタイ文学発展への影響」

日時 2011年3月21日(月) 16:00-18:00
場所 東京外国語大学 本郷サテライト 7F 会議室
使用言語 英語
主催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
共催 イスラーム地域研究東京大学拠点

報告書

Aftandil ERKINOV (Tashkent State Institute of Oriental Studies)
“Alisher Navai and his influence on development Chaghatay literature (15th – beg 20th C.)”
司会:近藤 信彰(AA研)

中東イスラーム研究拠点研究会「中央アジアにおけるチャガタイ語・ペルシア語2言語使用」

日時 2011年3月17日(木) 17:30-19:00
場所 東京外国語大学 本郷サテライト 7F 会議室
使用言語 英語
主催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」

報告書

Aftandil ERKINOV (Tashkent State Institute of Oriental Studies)
“From Persian poetic classicism to Timurid Mannerism: Chaghatay (Turkic)-Persian bilingualism in the intellectual circles of Central Asia (1475-1900)”
司会:近藤 信彰(AA研)

公開ワークショップ 「アラブ大変動」を読む:チュニジア、エジプトの民衆パワーはどこへ行くのか

Analyzing the Arab Upheavals:Popular Protest Movements from Tunisia to Egypt
日時 2011年3月3日(木) 13:00-16:00
場所 東京外国語大学 研究講義棟1階 115教室
主催 文部科学省 世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業「中東とアジアを繋ぐ新たな地域概念・共生関係の模索」
共催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」

※詳細は 中東カフェ のページをご覧下さい。

チュニジアのジャスミン革命に始まった「民衆運動」による民主化要求は、エジプトに飛び火し、大変動をもたらしました。この動きは、イエメン、ヨルダンにも波及し、アラブ世界全体を揺るがす事態となっています。
チュニジア、エジプトでいったい何が起こっているのか。他の中東諸国はこれをどう見ているのか。本ワークショップでは、新進気鋭の本学アラブ政治研究者、ダルウィッシュ ホサム氏がチュニジア、エジプト情勢に関して基調報告を行います。それを踏まえて、東京外国語大学の第一線の中東研究者たちが、アラブ、中東諸国への影響を論じます。

国際ワークショップ ラハセン・ダーイフ氏講演

日時 2011年2月23日(水) 13:30-17:30
場所 AA研 3階セミナー室(301)
使用言語 フランス語(通訳あり)
主催 情報資源利用研究センター (IRC)
共催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」

報告

ラハセン・ダーイフ(歴史資料研究センター/仏国立科学研究センター)
「イスラーム法の実体化:アラビア語古文書学に関するCALDプロジェクトの紹介」
コメント:柳橋 博之(東京大学)

中東イスラーム研究拠点研究会「レバノンの多元主義をめぐって」

日時 2011年2月14日(月) 16:00-18:00
場所 本郷サテライト7F
使用言語 英語
主催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」

報告書(要旨)

アーイダ・カナファーニー=ザハール博士(フランス国立科学院,パリ)
“Religious diversity and relational pluralism in Lebanon”

中東イスラーム研究拠点研究会「18世紀のアレッポ,ダマスクス,エルサレムのワクフをめぐって」

日時 2011年2月11日(金) 16:00-18:00
場所 本郷サテライト5F
使用言語 英語
主催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」

報告書(要旨)

シュテファン・クノスト博士(ドイツ・オリエント研究所,ベイルート)
“The Alienation of Waqf Property between Šarī‘a and Local Custom: A Comparative Study of Aleppo, Damascus and Jerusalem (18th c.)”

共同研究「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存」第2回研究会

日時 2011年2月4日(金)14:00-18:00 / 2011年2月5日(土)11:00-18:00
場所 AA研大会議室(303)
使用言語 英語
Human Mobility and Construction of New Identity に関する全参加者の報告

JCAS次世代ワークショップ/2010年度 第11回パレスチナ研究定例研究会

「いま,「中東和平」をどう捉えるか ―パレスチナ/イスラエル問題の構図と展開―」

日時 2011年1月22日(土) 14:00-18:00 / 2011年1月23日(日) 10:00-16:00
場所 京都大学吉田キャンパス本部構内総合研究2号館4階会議室(AA447)
主催 人間文化研究機構(NIHU)プログラム「イスラーム地域研究」東京大学拠点
共催 地域研究コンソーシアム(次世代支援プログラム)
京都大学イスラーム地域研究センター(人間文化研究機構(NIHU)プログラム「イスラーム地域研究」京都大学拠点
基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」

プログラム | 詳細

鶴見 太郎(日本学術振興会特別研究員)
「「ユダヤ的かつ民主的国家」の起源・序説-シオニストのパレスチナ/イスラエル紛争観をめぐって」
池田 有日子 (京都大学地域研究統合情報センター研究員)
「中東和平をめぐる新たなパースペクティブ構築のための試論―1920年代から1940年代に至るアメリカ・シオニスト運動における「パレスチナ」をめぐる議論を通じて-」
細田 和江(中央大学政策文化総合研究所準研究員)
「『ユダヤ人』への挑戦:『カナン運動』とシオニズム」
飛奈 裕美(日本学術振興会特別研究員)
「オスロ合意以後のエルサレムにおける空間のコントロールをめぐるポリティクス」
吉年 誠(一橋大学社会学研究科)
「イスラエルにおける土地制度改革を巡る議論から」
岩浅 紀久(ITエンジニアリング研究所研究員)
「パレスチナ西岸地区における中小零細企業実態調査報告」

報告要旨 (「イスラーム地域研究」東京大学拠点のページへ)

JaCMES Lecture Series The Middle East and Japan No.6

国際ワークショップ「中東と東アジアを結ぶ橋:グローバル化された世界における国境と共生」

International Workshop Bridging the Middle East and East Asia: Borders and Coexistence in the Globalised World
日時 2011年1月8日(土) 13:30-18:40
場所 Crowne Plaza Hotel Beirut, Lebanon
主催 文部科学省 世界を対象としたニーズ対応型地域研究推進事業「中東とアジアを繋ぐ新たな地域概
念・共生関係の模索」
共催 中東研究日本センター(JaCMES)

プログラム

JCAS次世代ワークショップ/2010年度 第10回パレスチナ研究定例研究会

「イスラエル/パレスチナ地域をめぐる総合知の育成-次世代研究者による知の蓄積と発信に向けて-」
第2回準備研究会

日時 2010年12月23日(木・祝) 13:00-17:00
場所 東京大学東洋文化研究所 大会議室(3F)
田浪 亜央江(成蹊大学非常勤講師)
「「中東和平」とイスラエルのアラブ系政党における承認/不承認の政治学」
飛奈 裕美(日本学術振興会特別研究員PD、京都大学人間・環境学研究科)
「オスロ和平プロセスとエルサレム問題―空間と人口のコントロールをめぐるポリティクス」

報告要旨 (「イスラーム地域研究」東京大学拠点のページへ)

JCAS次世代ワークショップ/2010年度 第9回パレスチナ研究定例研究会

「イスラエル/パレスチナ地域をめぐる総合知の育成 ―次世代研究者による知の蓄積と発信に向けて―」
第1回準備研究会

日時 2010年11月27日(土)13:00〜19:00 / 2010年11月28日(日)10:00〜17:00
場所 AA研マルチメディアセミナー室(306)

プログラム | 詳細

細田 和江(中央大学政策文化総合研究所準研究員)
「「Ani Israeli運動」とイスラエルにおける「国籍」を巡る議論の変遷」
今野 泰三(大阪市立大学文学研究科博士後期課)
「ラビ・イェフダ・アミタルの思想と政治スタンスの変遷」
役重 善洋(京都大学大学院人間・環境学研究科D1)

「「中東和平」プロセスにおけるキリスト教シオニズムとイスラエルの「ノーマライゼーション」」
吉年 誠(一橋大学社会学研究科)
「イスラエルにおける土地制度改革を巡る議論から」
武田 祥英(千葉大学大学院修士課程)
「第一次大戦初期英国における中東分割構想の検討」

報告要旨 (「イスラーム地域研究」東京大学拠点のページへ)

中東イスラーム研究拠点研究会 「Ralph Kauz氏を迎えて」

日時 2010年11月14日(日) 15:00-17:00
場所 AA研マルチメディア会議室(304)
使用言語 英語
主催 基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」

報告書

Ralph Kauz (Universität Bonn)
“Ming China as reflected in the ‘Khaṭāynāmeh’ of ‘Alī Akbar Khaṭā’ī”
中央アジアから中国を訪れたペルシア語旅行記(最後はイスタンブルでスレイマン大帝に献呈された)に関する報告
コメンテーター:田口 宏二朗(追手門学院大学)

東南アジアの文化と社会に関する講演会

日時 2010年9月29日(水) 10:00-12:00
場所 Conference Room, School of Social Sciences, University Malaysia Sabah (UMS)
使用言語 英語
主催 コタキナバル・リエゾンオフィス
Program
10:00-10:05 Opening Remarks : Ikuya TOKORO (ILCAA)
10:05-10:45 Lecture 1: Masao AYABE (Tokyo Metropolitan University)
“Why Culture Matters: Culture and Security of the Lisu People in Northern Thailand” (tentative title)
10:50-11:30 Lecture2 : Yumi KATO (Research Institute for Humanity and Nature)
“Living in a Plantation: Rural Development and Ethnic Minority in Sarawak”
11:30-12:00 Discussion Time

共同研究「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存」第1回研究会

日時 2010年8月7日(土) 14:00-18:30
場所 JaCMES
Hidemitsu KUROKI (ILCAA)
"Aims of the Project"
On Beirut :
Sari HANAFI (American University of Beirut)
Aiko NISHIKIDA (ILCAA)
Akira USUKI (ILCAA Joint Researcher, Japan Women’s University)
Aida KANAFANI-ZAHAR (ILCAA Joint Researcher, CNRS)
Taku OSOEGAWA (ILCAA Joint Researcher, The Institute of Energy Economics)
Kaoru YAMAMOTO (ILCAA)
Kosuke MATSUBARA (ILCAA Joint Researcher, Tsukuba University)
Takayuki YOSHIMURA (ILCAA)
On Tehran :
Bernard HOURCADE (ILCAA Joint Researcher, CNRS)
Nobuaki KONDO (ILCAA)

On Aleppo :
Stefan KNOST (ILCAA Joint Researcher, Orient Institute Beirut)
Hidemitsu KUROKI (ILCAA)
On Istanbul :
Masayuki UENO (ILCAA Joint Researcher, Japan Society for the Promotion of Science)
On the Middle East in general :
Masato IIZUKA (ILCAA)
Discussion

シュロモー・サンド教授(Dr. Shlomo Sand)講演会

日時 2010年6月18日(金) 15:00-18:00
場所 東京大学駒場キャンパス18号館4階 コラボレーションルーム1
使用言語 英語(通訳無し)
主催 東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学教育研究センター」(拠点代表者:小林康夫)
科研費基盤(A)「近代世界におけるジェノサイド的現象に関する歴史学的研究」(研究代表者:石田勇治)
協賛 DAYS JAPAN (代表:広河隆一)
基幹研究「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
Dr. Shlomo Sand/シュロモー・サンド教授(テルアビブ大学)
「イスラエル-ユダヤ国家と民主国家の両立は可能か」
“Israel – Jewish and Democratic”

ヤコブ・ラブキン教授講演会

日時 2010年4月23日(金) 10:40-12:10
場所 東京外国語大学 アゴラ・グローバル プロメテウスホール
使用言語 英語(部分的に日本語への抄訳あり)
Yakov M.Rabkin/ヤコブ・ラブキン教授(モンレアル大学)
「ユダヤ教、シオニズムと国際関係:ディアスポラ・ユダヤ教徒から見たイスラエル」
“Judaism, Zionism, International relations: Jewish Diasporas’ Opinions on Israel”

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600