MEIS2とは

MEIS2 は、AA研の基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」の略称です。本基幹研究が、2005-2009年度に実施された文部科学省特別教育研究経費「中東イスラーム研究教育プロジェクト」を発展的に継承するものなので、前身の略称 MEIS(The Research and Educational Project for Middle East and Islamic Studies)の第2段階という意味で、MEIS2としました。 その前半期 2010-2015年度には「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」を実施しました。

本基幹研究は、広く中東・イスラーム圏を中心に観察される人間移動と、ムスリム・非ムスリム、並びに諸民族間の織りなす社会関係とを連関させて、「多であること」の問題性と意味を追究します。そして現在各地で深刻化している分極化の問題に様々な観点から取り組むものです。

一般に近代社会科学は、社会を均質な要素による構成物と見なして分析を加える研究手法をとってきました。しかし今日の地球社会、とりわけアジア・アフリカ地域が提起するエスニックな紛争やそれをとりまくダイナミックな国際政治の現実を前にして、こうした手法は限界が明らかになっています。しかし多元的な社会構成を前提としつつ、その中に見られる多様な文化的個性を総合的に把握するモデルは未だ見出されていません。その一方で、アジア・アフリカなる枠組のなかから人々は自在に飛び出し、地球大の規模で活躍しながら、各地でさまざまな作用を及ぼしつつあります。

MEIS2は、上の問題が先鋭に現れている中東地域を中心に、東南アジアまでを含めたイスラーム圏を広く対象としながら、この問題解決に貢献することを目的とします。具体的には、多元的社会構成の歴史的生成過程、イスラームの規範的役割やネットワーク拡張機能、移民・難民を初めとする人間移動の攪乱的要素と社会の集団編成原理の相互作用、個人・集団の主体的アイデンティティ戦略と政治思想の連関などが主な問題となります。

AA研の二つの海外拠点(ベイルートとコタキナバル)における国際共同研究を軸としながら、歴史的文書・画像資料などの分析、新たな情報学的手法を駆使した蓄積・公開、関連分野の研究に従事する次世代研究者の育成にも当たります。

MEIS2MEIS2のロゴマークですが、マークの左側部分の図柄は、三日月と陸海のフィールドのダイナミズムとをイメージしています。右側部分は、「中東・イスラーム」に対応するアラビア語al-Sharq al-Awsat wa-l-Islamと英語とが書かれています。ロゴマークのデザインは東京在住のパレスチナ人芸術家 ヴラディミール・タマリ(Vladimir Tamari)さんによるもので、アラビア語部分はタマリさんが開発された「エルサレム字体」AlQuds Fontで書かれています。

本ウェッブページは、MEIS2の活動内容をご紹介するとともに、直接連続する前身のMEISの活動成果も併せて見られるようになっています。

(黒木英充)

Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600