第1回 ペルシア語文書セミナー

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所では、中東イスラーム研究教育プロジェクトならびに共同研究プロジェクト「イスラーム写本・文書資料の総合的研究」の一環として、ペルシア語文書学セミナーを開催します。
本セミナーの講師マンスール・セファトゴルさん(テヘラン大学助教授・アジア・アフリカ言語文化研究所客員教授)、スーサン・アスィーリーさん(テヘラン 大学中央図書館・文書センター写本・歴史文書専門司書)はイランのこの分野の第一線で活躍する研究者であり、日本ではまたとない貴重な機会といえます。
なお、本セミナーは、東京外国語大学アフガニスタン文字文化財保存支援室主催の「アフガニスタン国立公文書館職員に対する資料整理保存技術研修」と並行して、原則ペルシア語で行われます。

日時 2006年3月13日(月)〜16日(木)13:00-17:00
場所 AA研小会議室(301)
使用言語 ペルシア語, ダリー語
 
Program
3月14日 スーサン・アスィーリー講師(テヘラン大学中央図書館・文書センター写本・歴史文書専門司書)
「文書館と文書保管の方法」
3月14日 マンスール・セファトゴル講師(AA研客員教授/テヘラン大学助教授)
「非文書館系の文書資料とその歴史研究における重要性」
3月15日 スーサン・アスィーリー講師
「古文書・写本目録作成法」
3月16日 近藤信彰講師(AA研助教授)
「ペルシア語法廷文書研究序説」

ペルシア語文書セミナー

平成17(2005)年度 研究セミナー【後期】プログラム・報告

日程 平成17年12月19日(月)〜22日(木)
会場 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階 マルチメディアセミナー室(306)
修了者 7名
12月19日(月)
12:30-13:00 所長挨拶、事務連絡
15:30-17:30 共同プロジェクト研究会
 ムスリムの生活世界とその変容 (主査:大塚 和夫)
1. 菊池 滋夫(明星大学)
 「イスラーム化のローカル・コンテクスト-ケニア海岸地方後背地の事例から」
 コメント:石原 美奈子(南山大学)
2. 信田 敏宏(国立民族学博物館)
 「イスラーム化の時代を生きる - マレーシア先住民の事例から」
 コメント:多和田 裕司(大阪市立大学)
3. 総合討論
[会場:大会議室(303) 担当:大塚 和夫
12月20日(火)
10:30-12:00 趣旨説明、受講生自己紹介
13:10-15:10 外山 健二 (筑波大学大学院)
 「アマールが受け取る人形-『蜘蛛の家』のイスラーム表象」
座長:大塚 和夫
15:30-17:30 宇野 陽子 (津田塾大学大学院)
 「ローザンヌ講和条約反対派の主張に関する国際政治的再検討
   -トルコ共和国建国期における議会内野党「第二グループ」を中心に」
座長:新井 政美
17:30-19:30 懇談会[会場:生協特別食堂]
12月21日(水)
10:00-12:00 渡辺 紀子 (ロンドン大学教育研究所)
 「ムスリム・ディアスポラの形成
   -「我々の」継承教育をめぐるトランスナショナルなネットワークと英国における戦略」
座長:黒木 英充
13:10-15:10 中町 信孝 (日本学術振興会特別奨励研究員(PD))
 「宮廷史家アイニー:マムルーク朝ウラマーの歴史叙述にみる社会的実践」
座長:近藤 信彰
15:30-17:30 岡本 和也 (北海道大学大学院)
 「13世紀後半におけるジョチ・ウルスとマムルーク朝の外交関係」
座長:近藤 信彰
12月22日(木)
10:00-12:00 菊田 悠 (東京大学大学院)
 「ピール崇敬の論理と位置づけ-ウズベキスタンの事例から」
座長:大塚 和夫
13:10-15:10 辻上 奈美江 (神戸大学大学院)
 「市民社会、民主主義へ向かうサウジアラビア-女性アクティヴィズムの考察から」
座長:飯塚 正人
15:20-16:20 新井 和広 (AA研非常勤研究員)
 「米国留学を終えて-博士論文執筆プロセス」
座長:堀井 聡江
16:30-18:00 感想・評価 修了証授与

平成17(2005)年度 教育セミナープログラム・報告

日程 平成17年7月26日(火)〜29日(金)
会場 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階 マルチメディアセミナー室(306)
修了者 18名
7月26日(火)
13:00-15:00 所長挨拶 趣旨説明 日程説明 事務連絡 自己紹介
15:15-17:15 セミナー1 大塚 和夫 (AA研)
 「中東・イスラームというフィールド―さまざまなアプローチの布置状況」
司会:近藤 信彰
17:30-19:30 懇談会
7月27日(水)
10:00-11:10 受講生発表1 山根 朋子(同志社大学大学院)
 「前近代のスーフィー/アーリムの世界観の再構成」
司会:堀井 聡江
11:20-12:30 受講生発表2 大塚 修 (東京大学大学院)
 「『集史』から『選史』への歴史認識の変容
    -セルジューク朝史・諸王朝史叙述の分析を中心に―」
司会:近藤 信彰
13:30-15:30 セミナー2 大稔 哲也 (九州大学大学院)
 「歴史研究とフィールド―エジプトにおける事例を中心に」
司会:近藤 信彰
15:45-17:45 セミナー3 近藤 信彰 (AA研)
 「イランとペルシア語文化圏―地域研究と歴史学」
司会:大稔 哲也
7月28日(木)
10:00-12:00 受講生発表3 近藤 洋平 (東京大学大学院)
 「哲学者アーミリーとバグダード―軋轢発生原因の思想的究明」
司会:近藤 信彰
11:20-12:30 受講生発表4 タシ・メメティ (中部大学大学院)
 「宗教教育から見た「トルコ・イスラーム総合論 (Turk-Islam Sentezi)」 」
司会 :新井 政美
13:30-15:30 セミナー4 黒木 英充 (AA研)
 「多面体としてのアラブ―研究方法自体の多様化と深化のために」
司会:大塚 和夫
15:45-17:45 セミナー5 新井 政美 (東京外国語大学外国語学部)
 「現代トルコの位相―ナショナリズムとイスラムの狭間で」
司会:黒木 英充
7月29日(金)
10:00-11:10 受講生発表5 飛内 悠子 (アラブ・イスラム学院)
 「多言語国家であることはどのように教育に影響するのか
       -アラビア語を学びながら考えたこと」
司会:飯塚 正人
11:20-12:30 受講生発表6 外山 健二 (筑波大学大学院)
 「ポール・ボウルズとアルフレッド・チェスター -モロッコ・イスラエル・アメリカ- 」
司会:黒木 英充
13:40-15:30 セミナー6 宮崎 恒二 (AA研)
 「深層と表層の間―ジャワにおけるイスラーム」
司会:新井 和広
15:45-16:45 感想・評価 修了証授与
受講生の感想
山尾 大(京都大学大学院)
大島 史(東京外国語大学大学院)
幸加木 文(東京外国語大学大学院)
久志本 裕子(東京外国語大学大学院)
光成 歩(東京大学大学院)
寺園 敦史(龍谷大学大学院)
辻 明日香(東京大学大学院)
高尾 賢一郎(同志社大学大学院)
仲橋 源太(広島市立大学大学院)
倉茂 由美子(津田塾大学大学院)
貝原 加奈(神戸大学大学院)
矢野 可奈子(京都大学大学院)

平成17(2005)年度 研究セミナー【前期】プログラム・報告

日程 平成17年7月19日(火)〜23日(金)
会場 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 3階 マルチメディアセミナー室(306)
修了者 7名
7月19日(火)
13:00-13:55 所長挨拶、趣旨説明、事務連絡
14:00-17:30 共同プロジェクト研究会
 東地中海地域における人間移動と『人間の安全保障』 (主査:黒木 英充)
「分断から統合へ?:キプロスを中心とした東地中海地域変容の多角的分析」 

1. 間 寧(AA研共同研究員、日本貿易振興機構アジア経済研究所)
 「トルコにとってのキプロス問題」
2. 村田 奈々子(AA研共同研究員、ニューヨーク大学大学院)
 「キプロス問題とギリシア - ギリシア・メディアの論調を中心に」
コメンテーター: 佐藤 幸男(AA研共同研究員、富山大学教育学部 教授)
[会場:大会議室(303)]担当:黒木 英充
17:30-19:30 懇談会[会場:コモンルーム(203)]
7月20日(水)
11:00-12:00 菅瀬 晶子 (総合研究大学院)
 「『マイノリティ』の帰属意識
     - イスラエルにおけるアラブ人キリスト教徒の事例から」
担当:黒木 英充
15:30-17:30 小林 和香子 (早稲田大学大学院)
 「イスラエルとパレスチナ民族和解プロセスの現状と展望」
担当:飯塚 正人
17:30-19:30 懇談会[会場:生協特別食堂]
7月21日(木)
10:00-12:00 兼川 千春 (立教大学大学院)
 「イエメンにおける女性の就労と規範
    - アフダームへの援助事例からの一考察」
担当:大塚 和夫
13:10-15:10 仲橋 源太 (広島市立大学大学院)
 「マレーシアにおけるイスラーム政党の政治基盤
  - クランタンにおけるPONDOK(イスラーム寄宿学校)の政治的役割の研究」
担当:宮崎 恒二
15:30-17:30 福島 康博 (桜美林大学大学院)
 「イスラーム銀行の理論と実践 - マレーシアの事例を中心に」
担当:宮崎 恒二
7月22日(金)
10:00-12:00 森山 央朗 (東京大学大学院)
 「10-12世紀の中東における地方史人名録の編纂流行に見るウラマーの学問的活動の実態」
担当:近藤 信彰
13:10-15:10 久志本 裕子(東京外国語大学大学院)
 「近現代マレーシアにおけるイスラーム知識人の移動と知識の伝達」
担当:飯塚 正人
15:30-17:00 感想・評価 修了証授与
7月23日(土)
14:00-18:00 共同プロジェクト研究会
 イスラーム・写本文書資料の総合的研究(主査:羽田 亨一)
1. 守川 知子(AA研共同研究員、日本学術振興会特別研究員)
 「Isma’il b. Haydar al-Husayniの署名をもつ一写本について」
2. 清水 和裕(AA研共同研究員、神戸大学文学部助教授)
 「アブー・イスハーク・サービー文書集写本とアッバース朝行政」
[会場:大会議室(303)]担当:近藤 信彰

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600