講演会 「ベイルート・ロシア領事館のオリエンタリズム?―コンスタンティン・ペトコヴィッチにとってのレバノンとレバノン人、1885年」

日時 2015年10月16日(金) 19:00-20:30
場所 千代田区立日比谷図書文化館 4階セミナールームA
Access
使用言語 英語(通訳なし)
主催 科学研究費基盤 (A) 海外 「レバノン・シリア移民の拡張型ネットワーク―自己多面化と空間構想力」
基幹研究 「中東・イスラーム圏における人間移動と多元的社会編成」
Program
19:00-19:10 挨拶 黒木 英充 (AA研)
19:10-19:50 講演 Paul du Quenoy (ベイルート・アメリカン大学准教授 / 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター特任准教授)
“Orientalism at the Russian Consulate in Beirut?: Konstantin Petkovich’s Lebanon and the Lebanese (1885)”
19:50-20:30 質疑応答

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600