AA研フォーラム “Shari’a in Egypt’s New Constitution”

日時 2013年6月13日(木) 14:00-15:00
場所 AA研マルチメディア会議室(304)
使用言語 英語
参加費無料、事前申し込み不要(どなたでも参加できます。)
ジャンルカ・パオロ パロリン (AA研外国人研究員、カイロ・アメリカン大学法学部助教)
「エジプトの新憲法とシャリーア」“Shari’a in Egypt’s New Constitution”
本報告では、エジプトで2012年に採択された新憲法について 、そのシャリーアとの関係性を検討する。
まず2011年の変動以前のエジプトにおける、国家とイスラームとの関係について簡単に触れた後、新憲法におけるシャリーアに関連する条項についての交渉過程について述べ、続いて、新しい条項の中身を、以前の最高憲法裁判所の法体系とのヘーゲル的関係という観点から分析する。
なかでも詳述するのは、第2条への注釈(第219条を新たな制定)という複雑な結節点についてである。
最後に、アズハルへの諮問の義務化がどのようなインパクトをもったのか、新たな取り決めにおける影響力に考察を加える。
事例研究としては、その中でスクーク法(イスラーム債券法)論争も取り上げる。

関連するリンク: 本報告と同じテーマの論文(SSRNウェブサイト)
 http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2251346

報告者の所属先(AUC)での紹介
  http://www.aucegypt.edu/fac/Profiles/Pages/GianlucaParolin.aspx

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600