2012年11月

2012年11月1日 12時30分 講演
発表者:Mohammad Watfa
「IDESK――教育における革命的新概念」
ベイルート・アメリカン大学ホスラー講堂
主催:電気・コンピューター工学科

————————————————————————-
2012年11月5日 13時 講演
発表者:John Karam (De Paul University)
「アラブの米大陸――国別、ならびに南北の差異」
ベイルート・アメリカン大学ナイスリー・ホール
主催:同学行動研究センター

————————————————————————-
2012年11月5日 14時 講演
発表者:Emma Hayward (University of Pennsylvania)
「国と司法権の推移――エジプト・レバノン比較」
ベイルート・アメリカン大学西ホール
主催:政治行政学科

————————————————————————-
2012年11月5日 16時 講演
発表者:Papou Lahoud Saade
「服飾デザインの旅」
ベイルート・アメリカン大学西ホール
主催:同学女性連盟

————————————————————————-
2012年11月5日 19時 講演
発表者:Dr. Antoine El-Khoury Harb
「レバノン――4000年にわたる名称と実態のせめぎ合い」
レバニーズ・アメリカン大学ベイルートキャンパス
主催:同学レバノン遺産センター

————————————————————————-
2012年11月6日 12時 発表
発表者:Dr. Jennifer Skulte-Ouaiss (LAU)
「合衆国大統領選挙」
レバニーズ・アメリカン大学ビブロスキャンパス
主催:社会学科

————————————————————————-
2012年11月6日 17時 討論会
「宗教的権威と自然――ワクフの環境を保全すべきか、利用すべきか」
参加者:
Judge Abbas Al-Halabi (President of the Endowment Committee in the Confessional Council of the Druze Community)
Sheikh Wael Shbaro (Representative of the General Director of the Islamic Waqf in Dar Al Fatwa)
Souad Slim (Associate Professor, Cultural Studies Program, Faculty of Arts and Social Sciences, University of Balamand)
Father Charbel Makhlouf (Representative of the Maronite Waqf in Bcharre)
Moderator: Dr. Charles Harb (Associate Professor, Department of Psychology)
ベイルート・アメリカン大学西ホール
主催:同学自然保護センター

————————————————————————-
2012年11月6日 18時30分 講演
発表者:
Madame Liliane BUCCIANTI -BARAKAT
Monsieur Henri CHAMUSSY
「レバノン――恒久性と脆弱さ」
サン・ジョセフ大学東洋学図書館

————————————————————————-
2012年11月7日 12時 講演
発表者:Salah D. Salman (MD, formerly AUBMC and Harvard Medical School and member of the CCNLE)
「医学教育の衰退と古き良き保健管理」
ベイルート・アメリカン大学メディカルセンター
主催:サリーム・ホッス倫理問題イニシアティブ生命倫理と職業意識プログラム

————————————————————————-
2012年11月7日 15時 討論会
「合衆国大統領選挙を理解する」
ベイルート・アメリカン大学37棟
主催:同学米国研究センター、イサーム・ファーレス公共政策・国際関係研究所

————————————————————————-
2012年11月7日 18時 講演
発表者:Halla Ayla
「エニアグラム人格タイプの紹介――成功への新たな道の発見」
レバニーズ・アメリカン大学ベイルートキャンパス
主催:同窓会事務局

————————————————————————-
2012年11月7日 18時 セミナー
発表者:Bruno Paoli (Ifpo)
「シリア・アラウィー派の中世史記述――Sheikh Ḥarfūš (1890-1959)によるKitāb al-Hayr ṣanī’aを読む」
フランス近東研究所
中東における中世からオスマン時代の都市史セミナー

————————————————————————-
2012年11月7日 18時30分 講演
発表者:M. le Professeur Salim Daccache et M. le Professeur Bernard Rey
「研究、教育、社会」
サン・ジョセフ大学体育・創造キャンパス
主催:人と社会学大学院

————————————————————————-
2012年11月8日 17時 講演
発表者:Professor Marvin Carlson (the City University of New York)
「現代アラブ・イスラームの劇場――グローバルな視点から」
ベイルート・アメリカン大学カレッジ・ホール
主催:英語学科、同学米国研究センター、アニース・マクディーシー文学プログラム

————————————————————————-
2012年11月10日-18日 18時30分 展示
「Transfigurations」
M. Mahmoud ZIBAWI
サン・ジョセフ教会地下聖堂
主催:サン・ジョセフ大学東洋学図書館

————————————————————————-
2012年11月12日 17時30分 講演
発表者:Dr. Youssef El Khalil (Senior Director of the Financial Operations Department at the Central Bank)
「レバノンと世界金融危機」
ベイルート・アメリカン大学カレッジ・ホール
主催:シニア向け大学
備考:金融講義シリーズ

————————————————————————-
2012年11月13日 17時30分 講演
発表者:Akram Rayyes (authority on Arabic music and art)
「Zaki Nassif (1916-2004)――作品履歴」
ベイルート・アメリカン大学カレッジ・ホール
主催:シニア向け大学、ザキー・ナーシーフ音楽プログラム

————————————————————————-
2012年11月13日 19時30分 講演
発表者:Docteur Monira Al Qadri (artiste Koweitienne, spécialiste de l’art Japonais)
「ネオ・ジャポニズム――現代日本のイメージの進化」
サン・ジョセフ大学社会科学キャンパス
主催:日本学術センター

————————————————————————-
2012年11月14日 15時30分 講演
発表者:Mohamed Elagati (director of the Arab Forum for Alternatives)
「エジプトの政治シーン――新たなプレイヤーと憲法論議」
ベイルート・アメリカン大学西ホール
主催:同学イサーム・ファーレス公共政策・国際関係研究所、アラブ中東研究センター

————————————————————————-
2012年11月14日 16時 セミナー
発表者:Roger Nakad (Notre Dame University)
「複素空間形への等長はめ込み」
ベイルート・アメリカン大学カレッジホール
主催:高等数理学センター

————————————————————————-
2012年11月14日 16時30分 講演
発表者:Professor Christian Klingenberg (Wurzburg University, Germany)
「数値シミュレーションは宇宙進化の理解にいかに役立つか」
レバニーズ・アメリカン大学ベイルート/ビブロスキャンパス
主催:コンピューター・数学科

————————————————————————-
2012年11月16日 12時 講演
発表者:Marya Aziz (Mcgill University)
「Yarrowia Lipolyticaによる自然な香りの生成」
レバニーズ・アメリカン大学ベイルート/ビブロスキャンパス
主催:自然学科

————————————————————————-
2012年11月17日 17時 講演
発表者:Dr. Charles Elachi (director of the NASA Jet Propulsion Laboratory)
「好奇心――火星着陸への挑戦」
レバニーズ・アメリカン大学ベイルートキャンパス

————————————————————————-
2012年11月17日 ワークショップ
「労働者組織、社会的要請、公共政策」
主催:ベイルート東洋学研究所、フランス近東研究所
会場:ベイルート東洋学研究所

基調講演:Elisabeth Longuenesse (Director, Department of Contemporary Studies, IFPO)

パネル1:戦後レバノンの商業組合
Ghassan Slaiby (Sub-Regional Secretary, Arab Countries, Public Service International)
Castro Abdallah (President of FENASOL, Federation of Lebanese Workers Unions)
Abdel Amir Najde (President of Federation of Public Cars Drivers for Land Transport Unions)

パネル2:組合と連盟――労働者の要請と社会問題
Adib Bou Habib General Secretary of Printing Press Employees Union and President of the Lebanese Trade Union Training Centre)
Hanna Gharib (President of Public Secondary School Teachers League)
Georges Hajj (President of the Federation of Bank Workers Union)
Kamal Mawlud (President of the Union of North Lebanon Water Establishment Workers)
Farah Kobaissy (Lebanese Observatory for the Rights of Workers and Employees)

パネル3:エジプトの事例
Tarek Moustafa (General Secretary, Real Estate Tax Authority Union, Cairo)
Hussein El Masry (Training Coordinator, Centre for Trade Union Services, Helwan)
Ghassan Slaiby

パネル4:レバノン労働運動の新たな立役者たち
Bassem Chit (Socialist forum – al Muntada al-Ishtiraki, Beirut)
Lubnan Makhoul (President of Electricity Workers League)
Samir Tawk (Spinneys Workers Union)
Mohammad Mansour (Public Sector Cooperative Workers)
Mohammad Boukhari (Hariri Hospital Workers)
Ziyad Abdel Samad (Executive Director Arab NGO Network for Development)

————————————————————————-
2012年11月19日 13時 講演
発表者:Nadia Bou Ali (University of Oxford)
「鏡のホールで――アラブのナフダ、ナショナリズム、言葉の問題」
ベイルート・アメリカン大学ナイスリー・ホール
主催:同学行動研究センター

————————————————————————-
2012年11月19日 17時30分 講演
発表者:Dr. Youssef El Khalil (Senior Director of the Financial Operations Department at the Central Bank)
「レバノンの開発経済」
ベイルート・アメリカン大学カレッジ・ホール
主催:シニア向け大学
備考:金融講義シリーズ

————————————————————————-
2012年11月19日 18時30分 講演
発表者:Dahna Abourahme (filmmaker)
「女性の王国――視覚言語の創造」
ベイルート・アメリカン大学建築学講堂
主催:建築デザイン学科

————————————————————————-
2012年11月20日 18時 セミナー
発表者:Berenike Metzler (OIB research fellow)
「神の言葉をどう扱うか――al-Muḥāsibī (781-857)によるコーラン理解の書」
ベイルート東洋学研究所

————————————————————————-
2012年11月21日 18時 セミナー
発表者:Pierre Moukarzel (professeur, Université libanaise)
「14、5世紀の巡礼譚におけるベイルート」
サン・ジョセフ大学東洋学図書館
主催:同学ルイ・プゼー・センター、フランス近東研究所

————————————————————————-
2012年11月26日 13時 講演
発表者:Fadi Fayyad (Center for Innovation and Technology – Industrial Research Institute (CIT))
「考案保証書」
レバニーズ・アメリカン大学ビブロスキャンパス
主催:自然学科

————————————————————————-
2012年11月26日 17時30分 講演
発表者:Dr. Youssef El Khalil (Senior Director of the Financial Operations Department at the Central Bank)
「個人投資」
ベイルート・アメリカン大学カレッジ・ホール
主催:シニア向け大学
備考:金融講義シリーズ

————————————————————————-
2012年11月27日 17時 討論会
「著者と司会者――文化批評としてのElena Glasberg」
パネリスト:Patrick McGreevy, MonaFawaz, LisaHajjar, Munira Khayyat, and Amira Solh
司会:Jasbir Puar
ベイルート・アメリカン大学37棟
主催:同学米国研究センター

————————————————————————-
2012年11月27日 17時 学術会議
「意見を持つ自由と表現の自由、禁じられるものと許されるものの間」
参加者:
R.P. Professeur Salim Daccache (Recteur de l’Université Saint-Joseph)
SE M. Walid Daouk (Ministre de l’Information)
SE M. Nazem El Khoury (Ministre de l’Environnement)
Professeur Hassan Tabet Rifaat
Professeur Georges Kadige (Directeur du CEDROMA)
サン・ジョセフ大学社会科学キャンパス
主催:同学現代アラブ世界研究センター
協賛:法政学部

————————————————————————-
2012年11月28日-30日 展示
「レバノンの行方不明者――30年後」
ACT for the Disappeared
ベイルート・アメリカン大学西ホール
主催:政治行政学科

————————————————————————-
2012年11月28日 13時 講演
発表者:Dr. Aimee N. Karam (Balamand University)
「認知行動学を用いた不安障害と鬱の治療」
レバニーズ・アメリカン大学ベイルート/ビブロスキャンパス
主催:社会学科

————————————————————————-
2012年11月28日 17時 講演
発表者:Michaeljohn Raftopoulos (a founding partner at AREA – Architecture Research Athens)
「弁証法的都市」
レバニーズ・アメリカン大学ビブロスキャンパス
主催:建築・インテリアデザイン学科

————————————————————————-
2012年11月28日 17時30分 講演
発表者:Leila Badre (Director, AUB Museum)
「ティールにおける最初のフェニキア寺院の発見」
ベイルート・アメリカン大学考古学博物館
主催:博物館友の会

————————————————————————-
2012年11月29日 講演
発表者:Dr. Beth Bailey (Temple University)
「アメリカの軍――市民、市場、あらゆる自発的な力」
ベイルート・アメリカン大学西ホール
主催:同学米国研究センター

————————————————————————-
2012年11月29日-30日 学術会議
「欧州とアラブ世界における宗教と民主主義」
レバニーズ・アメリカン大学ビブロスキャンパス
協賛:アドヤーン基金、コンラッド・アデナウアー基金(アンマン事務所)

29日

1:宗教と民主主義――欧州的視点、ならびにアラブ的視点からみた関係性を再定義
司会:Dr. Makram Ouaiss (Chair of Department of Social Sciences, LAU)
発表:
Dr. Hadi Adanali (Senior Advisor to the Office of Prime Minister, Turkey) 「宗教が主張する民主主義と宗教的民主主義という主張」
Prof. Muhammad al Muhammadi al Mady (Director, Research center, Cairo University; Founding member of Freedom and Justice Party, Egypt) 「民主主義と宗教の相互関係――エジプトの事例」
Dr. Michael D. Driessen (Assistant Professor of Political Science and International Affairs John Cabot University, Italy/ USA) 「地中海圏の宗教的民主主義?――カトリックならびにイスラーム社会における非世俗性」
H.E. Hassan Abou Nimah (Former ambassador – Jordanian Foreign Office, Jordan) 「宗教と民主主義の複雑な関係」

2:宗教からみる民主主義
司会:Prof. Fadi Daou (Chairman of Adyan Foundation)
発表:
Prof. Muhammad A. Sharkawi (Head of Department of Islamic Philosophy and Comparative Religion, Cairo University) 「エジプトにおける民主主義とイスラーム的国家観」
Rev. Archimandrite Nikodemos Anagnostopoulos (PhD candidate at Heythrop College, University of London) 「神学からみた宗教、国家、民主主義の相互関係」
Shaykh Dr. Chafic Jradi (Director of Sapiential Knowledge Institute, Lebanon) 「イスラーム的大衆の主権、または宗教的民主主義」
Dr. Radwan Masmoudi (President of the Center for the Study of Islam and Democracy (CSID), Tunisia) 「イスラームとアラブ世界における民主主義の将来」

3:世俗的民主主義からみる宗教
司会:Dr. Tamirace Fakhoury (Assistant Professor, Department of Social Sciences, LAU)
発表:
Prof. Wolfram Reiss (Professor of the Study of Religions, Department of Protestant Theology, University of Vienna, Austria) 「欧州における宗教と変革――市民社会の源泉、西洋民主主義による紛糾」
Prof. Wajih Kanso (Professor of Philosophy at the Lebanese University) 「民主主義へ向かう宗教運動――偶然か必然か」
Shaykh Muhammad Abou Zayd (Lecturer in law at al Jinan University, Lebanon) 「欧州におけるイスラーム法の統合的解釈――Sheikh Faysal al Mawlawiの例」
Ms. Fatima Tofighi (PhD candidate- Glasgow University, Scotland) 「世俗主義は普遍的か、西洋的か」

30日

4:「宗教国家」対「市民国家」
司会:Prof. Harald Suermann (Director of Institute of Missiology-Missio)
発表:
Prof. Ridwan as-Sayyed (Professor of Islamic Studies at Lebanese University) 「革命後の宗教、宗教国家、イスラーム」
Mr. David Warren (PhD candidate, University of Manchester, UK) 「アラブの春とイスラーム的市民国家の出現――Yusuf al-QaradawiとRashid al-Ghannushiの政治的言説における最近の変化」
Prof. Farag Elkamel (Professor of Sociology and Communication and Chairperson at Cairo University) 「エジプト人にとって市民国家が意味するもの」
Mr. Kassem Qassir (Researcher, writer and Executive Director of Shou’oun Janoubiyya, Lebanon) 「現在のイスラーム運動言説における市民国家」

5:アラブの春以降のイスラーム体制――宗教・宗派間関係ならびに国際関係へのチャンスか脅威か
司会:Prof. Mohammad Sharkawi
発表:
Judge Abbas Halabi (Member of the Lebanese National Dialogue Committee, General Secretary of the Arab Group for Muslim Christian Dialogue, Lebanon) 「アラブ諸国蜂起語のイスラーム支配の文脈におけるムスリム・クリスチャン関係」
Dr. Abdallah Shamri (Representative of the Center of Turkish Studies, Riadh, KSA) 「アラブの春で成功した政治的イスラームがサウジ、イラン、トルコによる宗教的主導力争いに与えるインパクト」
Prof. Amel Grami (Professor of Arabic Literature and Chairperson at Mannouba University, Tunisia) 「政治実験の価値体系――ナフダ党の事例」
Dr. Stacey Gutgowski (Lecturer conflict & post-conflict studies, Kings’ College London) 「イスラーム主義者の自由民主形態における「神聖なもの」再考――英米中東北アフリカ関係の展望」

6:現代欧州ならびにアラブ世界における宗教的多元性と包括的民主主義
司会:Mr. Frank Heinrich (Deputy at the Bundestag)
発表:
Dr. Salim Sayegh (Director of Cadmus Center, Sagesse University- Former minister of social affairs in Lebanon- Member of the political bureau of Lebanese Kataeb Party, Lebanon) 「アラブ世界の宗教的多様性と民主主義――レバノン的視点」
Prof. Ajmi Lourimi (Vice-President of Ennahda Party, Tunisia) 「ナフダ党とチュニジアの包括的民主主義」
Prof. Stefan Schreiner (Professor of Religious Studies at Tubingen University, Coordinator at European Abrahamic Forum, Germany) 「ドイツのイスラーム――宗教教育を経た理解と同化」
Prof. Massoud Daher (Professor of History at the Lebanese University) 「レバノンにおける政治宗教の諸問題――批判的読解」

7:価値観かアイデンティティか――公共空間の民主的役割
司会:Dr. Selim Sayegh
発表:
Mr. Frank Heinrich 「価値観基準政策としての公共空間における宗教――CDUの例」
Prof. Mouchir Aoun (Professor of Philosophy at Lebanese University) 「現代都市における宗教的価値の地位」
Prof. Said Ghraiouid (Professor, Director of Research Group on Migration and Culture at Mohammad V University, Morocco) 「アラブ蜂起後の公共空間における民主的役割」
Prof. Georges Tamer (Professor and Chair of Oriental Philology and Islamic Studies, FAU Erlangen-Nürnberg, Germany) 「イスラームと市民社会」

————————————————————————-
2012年11月30日 10時 講演
発表者:Khaled Merehbi、Tarek Hanquir (the Environmental and Scientific Lebanese Diving Team)
「レバノンの海洋生態とダイビング」
レバニーズ・アメリカン大学ベイルートキャンパス
主催:自然学科

————————————————————————-
2012年11月30日 12時 講演
発表者:Dr. Alain Maasri (the Academy of Natural Sciences at Drexel University)
「モンゴルからのエコロジーにかんする洞察――遊牧帝国の土地に悪影響を与えた最近の変化」
レバニーズ・アメリカン大学ベイルート/ビブロスキャンパス
主催:自然学科

————————————————————————-
2012年11月30日 17時 討論会
「レバノンの薬草療法――規格化されたビジネスか?」
参加者:
Mohamad Alameddine (Assistant Professor, Health Management and Policy Department, FHS, AUB)
Dr. Christelle Jalkh (Inspector at the Order of Pharmacists in Lebanon)
Dr. Rabiaa Bhamdouni (Executive Member of the Herbal and Dietary Supplements Committee, Ministry of Public Health)
Hisham Ramadan (General Manager of Omicron Pharmaceuticals)
司会:Farah Naja (Assistant Professor, Department of Nutrition and Food Sciences)
ベイルート・アメリカン大学西ホール
主催:同学自然保護センター

————————————————————————-

最近の投稿

Recent Entries

アーカイブ

Archive

Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600