アジアにおけるハザードの社会的影響に関するシンポジウム(UMS-TUFS交換講演シリーズ)

日時 2019年8月8日(木) 14:00–17:00
場所 Meeting Room, Faculty of Humanities, Arts and Heritage, Universiti Malaysia Sabah(UMS)
使用言語 英語
主催 コタキナバル・リエゾンオフィス,基幹研究「アジア・アフリカにおけるハザードに対する『在来知』の可能性の探究—人類学におけるミクロ-マクロ系の連関2」
参加費無料、事前申し込み不要
Program
14:00-14:10 Marsitah Mohd Radzi (Universiti Malaysia Sabah) “Openning Address”
14:10-14:20 Ikuya TOKORO(ILCAA), Ryouko Nishii (ILCAA) “Openning Address”
14:20-14:50 Yuichi SEKIYA(University of Tokyo) Talk 1:“Creating Collaborative Ethnography in Disaster Study: A Case of Fukushima Disaster Study in Japan”
14:50-15:20 Yasushi UCHIYAMADA(University of Tsukuba) Talk 2:“Nuclear accidents, temporalities and lifeworlds : Fukushima, La Hague, Sellafield and beyond”
15:30-16:00 Ryoji SODA (ILCAA Joint Researcher, Osaka City University) Talk 3:“Historical development of flood control and water use in and around Japan: 150 years of river management technology”
16:00–16:30 Talk4 : Talk by a speaker from UMS
16:30–17:00 General Discussion

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600