Workshop on Cultural- and Environmental Co-existence in Sabah and its Neighboring Areas

 近年の東南アジアにおいて人口増や経済成長にともない急速に進む乱開発や自然環境の劣化への懸念や関心が高まっています。これまで熱帯雨林や珊瑚礁など豊かな生態環境を有する土地として知られてきたボルネオ島もその例外ではありません。

 本ワークショップでは開発研究や文化人類学、霊長類学などを専門とする日本人およびマレーシア人研究者を招いて、ボルネオ島北部サバ州およびその周辺地域における自然(生態)環境と人間社会との関係の現状について報告していただき、また同時に自然と人間との共存の可能性や課題、そこで文化や現地の価値観の果たす役割等のトピックについて検討し、討議しました。

日時 2008年10月9日(木) 15:00-20:00
場所 AA研マルチメディア会議室(304)
Program
15:00-15:10 Opening Remarks by Ikuya Tokoro (ILCAA, TUFS)
15:10-15:50 Presentation by Mary Sintoh (Institute for Development Studies: IDS Sabah)
“Practices of the Indigenous Communities in Sabah towards Conservation of the Environment”
15:50-16:30 Presentation by Noko Kuze (Graduate School of Science, Kyoto University)
“The Possibility of the Co-existence of Orangutan and Human in Sabah: Ecology and Conservation of Orangutan”
16:30-16:40 Tea Break
16:40-17:20 Presentation by Katsumi Okuno (J.F.Oberlin University)
“Fear of the Thunder God’s Anger: Men and Animals among the Penan of Sarawak”
17:20-18:00 Discussion Time

* The presentation will be given in English.

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600