AACoRE > Projects > MEIS2
 

海外研究拠点

MEIS2と海外研究拠点
AA研は中東イスラーム研究教育プロジェクト(MEIS)の活動の一環として、2006年2月にレバノンのベイルートに「中東研究日本センター」Japan Center for Middle Eastern Studies (略称JaCMES)を、2008年3月にマレーシアのコタキナバルに「コタキナバル・リエゾンオフィス」Kotakinabaru Liaison Office (略称KKLO)を設立しました。レバノンは中東における、マレーシアは東南アジアにおける多宗派・多民族国家の典型で、それぞれの社会・文化ではイスラームが重要な位置を占めています。
MEIS2はその両拠点において国際共同研究を推進します。ベイルート拠点では「中東都市社会における人間移動と多民族・多宗派の共存」Human Mobility and Multiethnic Coexistence in Middle Eastern Urban Societies (2010-2013年)、コタキナバル拠点では「東南アジアのイスラームと文化多様性に関する学際的研究」Multi-disciplinary Study on Islam and Cultural Diversity in Southeast Asia(2011-2014年)という共同利用・共同研究課題を実施し、現地の研究者と連携しながら、ムスリム・非ムスリムの共存、イスラームが多数派を占める社会での多元的な文化のあり方について、新たな知見を提示します。また、AA研フィールドサイエンス研究企画センター(FSC)との連携を図りつつ、両拠点における講演会やセミナーなどの事業を通じて日本と現地の研究者との交流を深めていきます。

(黒木 英充)

海外拠点の利用に関する問い合わせ先
東京外国語大学研究協力課共同研究拠点係
Phone: 042-330-5600, 5603
Fax: 042-330-5610
E-mail: kenkyu-zenkoku[at]tufs.ac.jp ([at] を @に変更して送信下さい)

Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600